本文へジャンプ


丸南本店
(まるみなみほんてん)

 創業明治23年 江戸文化の流れを汲む老舗蕎麦屋
  (函館市)

 
 J
APANESE SOBA RESTAURANT
  SINCE 1890




お店の紹介
  「下町情緒が漂う函館駅の近くに、東京のそば料理の文化を受け継ぐ店がある。創業明治24年の丸南本店だ。屋 号の丸南は、南を○(マル)で囲む。南というのは、江戸時代から本所松坂町で口入業者をしていた家の姓。丸南本店の創業者・大山マキが西南戦争で親を失い、親類である南家で育てられた。その屋号が丸南。神田錦町にこの屋号でそば屋を開業し、後に函館へ移住したという。港街として栄えた函館に江戸の文化につながるそば料理店が百年の時をこえてあるのがうれしい。戦前は13の支店・分店を持っていたという。一杯やりながら、店内に掲げられた丸南の歴史を記す写真をながめるのも一興だ。」
( 『日本全国そばの旅百選』カラログハウス社より)

 


 

「JR函館駅前に戻り、気にいっている一軒の蕎麦屋ののれんをくぐる。駅前通りから少し入った小路にある『丸南』だ。ふだんから、そばツウや粋に憧れているぼくは、酒とえび天そばを注文する。箸の先に付けたそば味噌をなめ、『一の蔵』をグイッと飲む。スーツと喉をぬけて、ジワーッと胃袋にしみる。なんともいえない至福を感じながら、そばのできあがりを待つ。いいですねこれが…。
 やがてそばがくる。ここで、えびの天ぷらは箸をつけず、(あとからね)といってそばだけをすする。いわゆる『天ぬき』。喉越しのいいそばをたべ終わり、汁でホタホタになった天ぷらのコロモをすする。そして酒を、これがまたうまい。仕事も喧騒も忘れ飲む昼下がり、蕎麦屋の酒は『一人』がいい。だが人生の暗い影や後ろめたさを背負ってはあかん、べろべろに酔ってもいけない。あまで『粋』であるからして…。『すみません。〆張鶴お願いします』」
(渡邊俊博・絵と文「ズウさんのつるつる旅日記―函館の巻」The JR Hokkaido,   No.220.2006年6月号より抜粋)



        (左図)ズウさんが描いた当店路地の風景                        

 

  


















INFORMATIONS
  営業のご案内
HISTORY(1)
 丸南物語
 HISTORY(2)
 
 丸南の暖簾分け
ESSAY
(1)麦屋の厨房
   (2)蕎麦屋のお品書
  (3)父を語る
  (4)風景の原郷
   (5)函館駅前と
       蕎麦屋の誕生
ENGLISH
MENUGUIDE
 丸南蕎麦屋の楽しみ

JR函館駅より徒歩3分
   駅前交差点
 キラリス函館横通り
 0138)22-0287