昭和10年代の店舗の一階の様子

この店舗は第2次世界大戦のため、わずか10年しか稼動しなかった。戦後は国道5号線の若松町22番地20号に移転し、経営は再建された。

昭和10年5月に新築の店舗...大正時代の旧店舗は昭和9年の函館大
火で焼失したため新たに建築された。この店舗は防空法による疎開令発
令(昭和19年1月)により終戦直前の昭和20年5月に取り壊されている。

(下)松風町にあった丸南大山光造の店舗
壁面に「西洋御料理生蕎麦」と書かれている

     



丸南では明治・大正・昭和をつうじて函館市内に14店の暖簾分けをしており、
現在は4店が営業しております。(☆印が現在の営業店)

●明治・大正期
     明治34 丸南 遠藤  弁天町66 後に丸南 瀬戸鉄蔵
     明治39 丸南 浅野三治郎    栄町52
   [創業年度不明]
         丸南 亀谷       蓬莱町120
         丸南 内藤安太郎    海岸町24 後に内藤重太郎
         丸南 小野粂之     東川町209
         丸南 大黒町支店 (氏名不明)
         丸南分店(大山光造)  松風町260 (下の写真右)



   
 
大正2年8月に新築の店舗。明治期の建物
は大正2年5月の大火で焼失した。


昭和期(戦前)
     昭和6 丸南 畠中要太郎(丸南内藤を継承)  新川町75
                      (後に若松町「はし膳」として営業)
    ☆昭和7 丸南 熊谷三治郎(→誠)      海岸町17-18
    [創業年度不明]
         丸南 瀧澤忠吉            松風町34
         丸南 南スギ             千代台町42
         丸南 南喜一             新川町167














昭和期(戦後)
     昭和25 ☆丸南 池田定吉(→光雄)       豊川町20-10
     昭和30 ☆丸南 池田一(→雄一)        亀田町20-14
     昭和41 ☆丸南 佐々木芳蔵           美原町1-17

        

HISTORY(2)  丸南の暖簾分けなど

丸南本店TOP
当時としては先進地函館でも珍しい和風三階建の木造建築が人目を奪った。これは蕎麦屋丸南本店で、日本切っての花見の名所、当時東京市飛鳥山の料理屋・三階建の『扇屋』を模したと言われる。奥地から呑吐する停車場広場を行く馬車鉄道(馬鉄)の窓からもよく見えた。」(高橋昭夫「瓦斯燈函館停車場前」タウン誌『街』No.501より引用)。