HISTORY(1)  丸南物語当店の屋号の由来について夜噺を一つ           
     
               
 

真は明治42年当時の函館「丸南大山」の店舗もりそばは1銭5厘でした。


.宇江左真理さんの江戸庶民小説『あやめ横丁の人々』(講談社)のなかに「丸南」という蕎麦
屋が登場します。
「慎之介は宇治屋に戻る前に、ふと思いついて肥前屋の隣にある『丸南』とい
う蕎麦屋の暖簾をくぐった。慎之介が小腹の空いた時によく訪れる店だった。店の前を通ると、
いつもかつおだしの匂いが通りまで漂い、何となく素通りしがたいものがある。」(
219
 この諸説に登場する丸南は「年寄り主と孫娘がやっている店である」とされています。その孫
娘の「お久」が慎之介にこういいます。「あやめ横丁のあやめは花のあやめじゃないんです。人
をあやめる意味のあやめなのよ。」この一言で慎之介は「あやめ横丁」に住む人々が、複雑な人
生を送ってきた素町人たちであることを知ります。
 さて、慎之介が立ち寄った「丸南という蕎麦屋」は本当にあったのか、それとも小説上のフィ
クションにすぎいか?宇江左さんは江戸の庶民生活をかなり 詳しく調べておられるので「丸南
という蕎麦屋」は、史実として実在したかも知れない。しかし、本当にあったという証拠はない
が、無かったという証拠もありません。宇江左さんは函館在住の作家なので、実際の函館の「丸
南」をご存知でここに登場させたのかもしれません。とはいっても、函館の丸南とはまったく無
縁なものでもないとい
はありませんか。


2.明治元年生れのマキが書き遺した自伝メモによれば「父ハ明治維新ニ勤王ノ志士ト交ハリ各
地ニ転戦平定後ハ家禄奉還酒造業ヲ経営シタルモ失敗ニ終リ其后西南ノ役ニ参加帰還后漢学塾ヲ
開キ直后死亡」となっています。文中にある酒造業は麹町
3丁目にありました。マキは10歳
らいで両親を失ったため、縁戚に当たる南という家の世話になります。

 南という家は江戸末期から人入れ業(口入業)で蕎麦屋も営んでいました。場所は両国橋を渡
り日本橋浜町にあったらしいのです。マキが存命中に書いた『燕雀集』という自伝(私家版)によ
れば、この口入れ業について「屋号は伊勢屋、半纏の印は丸南でした。平常出入りする者は皆この
半纏を着ていました」と 記されています。

 「(南家の)伯父の実家は東京ではその頃ただ一軒の人入れ業でした。表がまえは格子造りの素
人家ふうで、茶の間は15、6畳敷き、大きな長火鉢を据え、店も同じ広さくらいで、横の方の帳
場に番頭が
3人おり、外に送り迎いの番頭が2人、炊事場に働く者、召し使いなどで子分が600
人くらいいると聞きました。庭のほうに面した奥の間は50畳敷き、そこは子分のうちで仕事にあ
ぶれた人たちの休息所、他に離れが1戸あって、これは病室にあてていました。」
 
 このように「丸南」はもともと雇い人の周旋業者で、上記の文中で「子分」といっているのは周
旋宿の親方のもとで失業または待機のかたちで寄宿しながら職を求めている寄子
(よりこ)たち。南
はその身元引受人である親方の一人のようです。寄子の職はいろいろで芸女、力士、役人、料理人
のほか蕎麦職人も多く、丸南は昔から蕎麦屋と深い関係がありました。
 
 実際、南家は職人の世話だけでなく蕎麦屋も営みました。少なくとも明治10年代には「丸南と
いう蕎麦屋」が実在しました。その場所はマキ自伝によれば「神田往大寺様の付近」で「高級な蕎
麦屋」だったそうです。マキは「職人はその頃、東京一の腕前」と書いています。確かなことは神
田の丸南の蕎麦職人が、口入れ業の「丸南」から来ていることです。

3.後にマキの夫となる柘植春吉という人物もその蕎麦職人で、丸南の寄子であった人です。春吉

マキが
18歳のとき婿養子となり、その「高級な蕎麦屋」を任せられます。しかし、その直後に東京

大飢饉があり「高級」というやりかたも裏目に出て多くの客を失ってしまいました。 
 それでも二人は錦町、詳しくは東京市神田区錦町2丁目1番地に移り大衆店に切り替えますが、不
況のため生活は困窮、行き詰まった二人は函館の柳川熊吉を頼り東京を抜け出すことを考えます。南
家に知らせることもなく、失踪するように横浜沖から函館に向かったわけです。

 柳川熊吉という人物は江戸の料理業・野村鉄次郎の長男で、野村熊吉。浪花節などで登場する侠客
・新門辰五郎の子分で、親分の妻か妾かと相愛になったため東京にいられなくなり、函館へ流れてき
たという風説があります。熊吉が箱館奉行に伴って江戸を立ったのは安政
年であり、当時の箱館で
遊郭の火消差配をつとめたほか、人入れ業も始めます。柳川は「谷地頭割烹亭兼そば屋」を営み、東
京の蕎麦文化を函館に伝えました。旧幕府艦隊副総裁・榎本武揚との関係についてはよく知られてい
るところです。

  明治23年、 マキと春吉は函館に着くと、榎本軍の生き残りで親戚筋の人や東京の丸南の子分数人
が出迎えてくれます。二人は柳川熊吉の資金援助を得て「一枚の板づくりで 月もさせば雪も吹き込む」
ような8畳一間の蕎麦屋を開きました。店の場所は現在の函館駅前・北洋ビルのところです。


4.函館で開業した蕎麦屋の屋号は「丸南大山」としました。この屋号はマキと春吉が東京の「丸南」
でお世話になった恩義を忘れないように継承したものです。「丸南大山」はその後、店の買収問題や借
金、大火による店舗焼失などなど紆余曲折しますが、なんとかしのいで店を大きくしていきました。

 加藤昌市さんの著『函館蕎麦史』によると、明治11年の戸籍調査で函館にはすでに59軒もありまし
た。このなかには夜鷹蕎麦屋も含まれますが、東京から失踪して開業した「丸南大山」はまだまだ新参
者であったわけです。

  さて、話は最初に戻りますが、小説の主人公・慎之介が通っていた「丸南という蕎麦屋」は実在した
か架空のものか。確かなことは明治期にその屋号の蕎麦屋が東京に実在し、いまは函館の丸南本店に受け
継がれているということでょうか?
 
こうしてみてくると、慎之介の立ち寄った蕎麦屋は、函館蕎麦史の一つの切片につながりました。慎之介
はまた「丸南」の暖簾をくぐってくれるかもしれません。よくできたお話ではありませんか?

  

丸南本店TOP

明治42年刊 『函館新繁華』に掲載の図