ESSAY(5)  函館駅前と蕎麦屋の誕生

「駅」という言葉は、なぜか情緒的な響きをもっています。郷愁や追憶、わくわく感を呼び覚ましてくれます。「駅前」ということばも、たんに「駅の前」という意味をこえて、きわめて情景的なイメージがあると思います。
 筆者は函館駅前で生まれ、幼年期・少年期・思春期をここで過ごしました。いまもその一角で仕事をしています。あまりに身近なせいでしょうか、駅前のことを客観的に考えたことはなかったのです。
 当丸南本店の初代・大山マキは「函館駅前」にこだわっていたようで、店の広告や印章にはかならず「函館駅前 丸南本店」と記すようにと後代に伝えています。自分はその意味がわからず、たんに店の場所を示すものと考えていました。
 丸南は函館駅ができる以前に、いまの駅前広場あたりで小さな蕎麦屋を開きました。初代マキが遺した『燕雀集』という自叙伝を改めて読むと、駅前一帯がまるでマキの人生の軌跡と苦悩を投影しているように思えてきます。
 マキが夫とともに東京の神田錦町から函館に移り住んだのが明治23年。マキの伯父は榎本軍の生き残りで、当時の西川町で表具屋をしていたようです。蕎麦職人の夫は、谷地頭で料理屋、高級蕎麦屋を営む侠客・柳川熊吉の子分です。
 夫婦はその柳川から二五円を借りうけ、ある家の八畳間を借りて蕎麦屋を開業します。「一枚の板づくりで、月もさせば雪も吹き込む」、そのような借家でした。その開業時の町の様子はつぎのように書かれています。
 すぐ前は波打ちぎわ、漁師の家が点々として、うしろは蛙や虫の声ばかり。裏口は一歩でると海でしたから、海藻を手で掻きまわすとアサリがとれます。砂を一日吐かして、汁の実にします。隣は漁師でイカが大漁で一〇銭に一〇〇ぱいもありましたはまるで草むらと漁家の寒村のような描写です。最初の店は「今の拓殖銀行の前」とあり、明治20年代の地図と照合してみると、現在の駅前広場からバスのロータリーあたり。ここから5号線沿いは、たしかにまだ「波打ちぎわ」で、埋め立てられてはいません。

 八畳一間はいかにもこころもとなかったのか、一年後に「向かい側」の借家に移りました。しかし10年ほど後の明治34年4月11日、若松町七番地から出火し、その借家も焼失します。同年7月、災難に追い討ちをかけるように夫の春吉が脊髄病で死亡しました。
 葬儀代などで蓄えは尽いて途方にくれていましたが、蕎麦屋組合と町内の資産家から融資を受け、焼跡の敷地に「間口三間で二階建の家」を新築することになります。
 まもなくして鉄道敷設の計画がすすみ、土地や家屋の買収問題が起こります。函館区は明治30年6月から三年かけて二万七千余坪の海岸を埋め立てています。明治35年にこれを停車場用地として北海道鉄道株式会社(明治334月創業)に譲渡し、鉄道会社はその周辺地の買収に動きました。
丸南の「間口三間で二階建の家」も、地主が売却に応じればどこかへ移らなければならない。マキは近所の民家がつぎつぎと売り渡され、空家と化していくさまを目の当たりにして、決断を迫られます。
 結局、丸南の借家も売却されましたが、ここで終わるわけにはいかない。再び借金と家探しです。金のほうは高利貸から五百円、ほかに雇人からも三百円を借り入れます。その雇人には、後に「丸南浅野」として暖簾分けをしています。
 新しい家を探しますが、若松町地は大火に遭ったうえに、周辺は買収されており、空家も空地もなかなかみつからない。どうにか家を探しあてるのですが、その家は気にいらないまま営業を再開しています。
 そのころ町の様相は一変しつつありました。大きな契機は明治37年7月、若松町百十八番以降の埋立地に停車場が出現したことです。函館駅は明治35年12月の函館―本郷村(旧大野町)間の開業時は、過渡的に海岸町(旧鉄道官舎跡)に置かれますが、最終的には若松町地に落ち着くわけです。
 海岸町の駅(後に亀田駅と改称)付近は荒涼とした原野で、終着の停車場ができても街として発展しなかった。これにたいして、駅舎が若松町に移ると駅の一帯は大きく変容し、荷馬車や行商人、鉄道の見物人、旅人などが往来し、旅館や運送会社なども増えて新しい市街地が形成されていきました。

 丸南もより適当な場所を探し続けていました。マキは常連の客からある荒物屋を紹介され、交渉してみてはどうかという話をうけます。交渉は難儀しますが、相手方にある事情が生じたため、売買が成立しました。
 その荒物屋のあった場所は若松町九番地で、函館駅前の旧拓銀ビル(現北洋ビル)のあったところ。明治42年4月、丸南はこの土地に二階建の店舗を構えました。当時の駅には待合所がなかったため、丸南を待合所として利用してもらおうと考えました。当時の広告にはこう書かれています。

「御乗船御乗車の際 御待合の便利あり 
  函館停車場前角 丸南大山本店」

明治後期になると駅舎の周辺は急速に市街地化していきます。明治45年の絵図では、鉄道馬車が通っていた駅前の横通りに商店などが立ち並んでいます。駅前は「停車場前」、駅前の通りは「停車場通り」とよばれました(『松風町史』参照)。この「停車場通り」から函館遊郭に続く道が「大門通り」の原型となります。

商売が軌道にのりだした頃、またも大火です。大正2年5月4日、若松町から出火、72棟1532戸が焼け落ちた惨事。停車場も丸南もこの大火で類焼します。
 貧相だった駅舎がルネサンス様式の瀟洒な建物に生まれ変わったのは大正3年12月。丸南はその前年の8月、焼跡地に三階建の店を新築しました。この建物は三階建だったので目をひいたようでした。
 「当時としては先進地函館でも珍しい和風三階建の木造建築が人目を奪った。これは蕎麦屋丸南本店で、日本切っての花見の名所、当時東京市・飛鳥山の料理屋・三階建の『扇屋』を模したと言われる。奥地から呑吐する停車場広場を行く馬車鉄道(馬鉄)の窓からもよく見えた。」(高橋昭夫「瓦斯燈函館停車場前」タウン誌『街』No.501より)
 引用した文のうち「飛鳥山の扇屋」という点は定かではないが、「停車場広場を行く馬車鉄道の窓から」というのはいい風情です。この建物は昭和10年に改装されますが、昭和19年1月の防空法による疎開命令発令に従い、終戦直前の昭和20年5月に取り壊されています。そして戦後、丸南の跡地は「駅前小公園」として、市民の憩いの場となりました。

 強制疎開後に丸南本店跡地は駅前小公園となった
 (『はこだて市史編さん室だより』3号より)


 函館駅前の誕生が生み出した新しい市街地は、終戦後、広場・商店街・旅館街・歓楽街・花街・売春街などの入り混じった「駅前・大門地区」として成熟していきます。この街の歴史が生み出した猥雑さは魅力であり、強みでもありました。

駅前・大門地区は函館の象徴的な場所であり心臓部です。「旅と人」はここを行動の拠点とし、「土地の人」は函館の玄関と考えています。このことは歴史的な背景を含め、函館という都市の求心性を示しています。その求心性を強化していかなければ、函館という都市自体が限りなく衰弱していくでしょう。 「中心市街地の再生」は多くの市民の関心事です。「再生」のキーワードはやはり「広場」でしょう。駅前・大門地区を一つの大きな広場と見立てて、市街地の再生を図ることです。中世都市の雰囲気を遺すヨーロッパの旧市街は「広場」の本質を知るうえでヒントになるかもしれません。
 いまの駅前広場はきれいになりましたが、外部の建築家に設計を委ねたためか、市民に親しまれていません。中心市街地の再生は、市民に愛される広場を核として、新しい物語を創造できるかどうかにかかっています。このことは象徴的な意味において、函館それ自体の再生のスタート点にもなるものと思います。


(出所:『タウン誌街』No.536 , 2012年)

丸南本店TOP