ESSAY(4)  風景の原郷   

作家の木下順一さんはかつて「函館はまったく北海道の古都だ」と書いている。また「タウン誌『街』を発行する仕事をしていながらほとんど街中を出歩いたことがない私」は「弁天から大町、恵比須町へと繁栄が移った函館の裏町史、娼婦や芸者や料理屋の記録も欠落していることを知った」という(『函館 街並み今・昔』北海道新聞社編「あとがき」)。
 娼婦・芸者・料理屋といえば花街である。函館の人であれば「大門」(だいもん)がむかし花街であったことを知っている。「だいもん」が独特の匂いをもち、情念的なイメージがつきまとうのも、ここが濃厚な花街であった史実と無関係ではない。
 時は明治41年(1908年)2月、いまの松風町交差点と大森浜の中間あたりに遊廓が設けられた。八町四方(864平方メートル)の敷地に塀をめぐらし、入口には大門(おおもん)があったため、後にこの界隈を「だいもん」と呼ぶようになった。その「だいもん」のルーツをたどっていけば「欠落」は少し埋まるかもしれない。
 江戸末期の享和年間年間、箱館山ノ上町に誕生した遊里こそ大門的風景のルーツであり、原郷である。場所は「弁天から大町」に向かう途中の常盤坂。そこを登っていった先の弥生町界隈に遊廓があった。遊女屋は「茶屋」といわれ、遊客が帰路に茶屋を振り返ってみたことから、その坂は「見返り坂」と呼ばれた。

 享和3年(1802年)、箱館奉行が遊女屋19軒にたいして特別に営業を認可したのが箱館遊廓の始まり。遊女屋は茶屋株をもち、独占的な同業集団(株仲間)を組織していた。遊廓ができれば芸者屋、料理屋などもできて花街を形成する。そこには髪結屋、かんざし屋、仕立屋、表具師、三味線張替え、荒物屋、小間物屋、塗り師などが集まり、しだいに町家の賑わいを示すようになった。
 山ノ上町では江戸相撲や歌舞伎の興行もあり、文化年間から善右衛門なる人物が芝居小屋を開業。嘉永年間には田中座、明治維新後に常磐座ができるなど、山ノ上界隈は遊里であるともに庶民の物見遊山の場所となった。これが「北海道の古都」の風景であったかもしれない。
 安政元年(1854年)、日米和親条約に基づく開港を契機に爛熟期を迎える。安政5年(1858年)箱館奉行は居留外国人の要請に応えるため、公認の遊女屋を24軒に拡大、廓内に異人休息所を設けて、いわゆる公娼制度をスタートさせたのだった。これを機に江戸吉原を模して周囲に塀をめぐらし、大門(おおもん)を設けて遊里としての形式を整えた。
 『函館市史』は「箱館新廓遊女屋細見一覧」により元治2年(1865年)の状況を記している。株を有する遊女屋25軒、異人揚屋1軒、遊客を妓楼に案内する引手茶屋21軒、遊女数329人、芸者118人。ほかに切店(きりみせ)といい、時間ぎめで売色する下級遊女屋、数不詳。

 このように山ノ上町に江戸下町的な文化が形成され、遊里を中心に賑わったが、明治4年9月、一軒の切店から出火した火が焼け広がり、遊廓は炎上した。享和3年から数えてほぼ70年目のことである。
 舞台は「恵比須町」に移る。遊廓は明治5年9月から、当時の恵比須町裏手、いまの宝来町の大森浜通りに造成していた約2万余坪の土地へ移転する。ここは茶屋町とはいわず、蓬莱町と名づけられた。このとき遊女屋のほか、遊女屋の取引先の業者や芸者、料亭も蓬莱町へ移り山ノ上町を再現するような街が生まれた。
 明治10年代には大和座、池田座という劇場が生まれ、明治末期までに寄席演芸場の竹内亭、北海亭、錦輝館ができるなど江戸の娯楽文化が定着した。明治30年の古地図をみると、遊郭の近隣に酒屋、質屋、豆腐屋、下駄屋、床屋のほか医院、薬屋、写真屋などがみられ都市化が進んでいたことがうかがえる。
 明治40年8月、東川町から出火の大火で蓬莱遊廓も燃えてしまう。函館遊廓は翌明治41年2月、台町にあった遊廓とともに大森町に移る。新しい移転先はこれまでの町家とはまったく状況を異にしていた。それは遊廓の移転に先立つ明治37年7月、若松町の埋立地に北海道鉄道会社の停車場ができたことである。これを機に函館は停車場を中核として宿場町のような発展を示していく。
 明治43年12月には停車場の近くに青函連絡船を結ぶ「函館桟橋」もつくられ、多くの人が往来するようになった。停車場の周辺には運輸サービス、旅館、卸・小売店が軒を連ね、活動しはじめていた。このように花街の賑わいと停車場を中心とした宿場町的な発展、これが相互に浸透しあい、松風町〜若松町の界隈に濃厚な盛り場が生みだされた(図1を参照)。
 大正10年の大火から昭和初期にかけて、函館の盛り場に変革が訪れる。まずは蓬莱町に隣接する十字街恵比須町に、西洋風の耐火建築が立ちならび「銀座通り」が誕生した。昭和初期にはカフェ99軒、女給346人というデータがある。ここがかつて吉原的な場所であったことを打ち消すように、東京銀座的なモダニズムの街に変容していく。
 駅前・大門地区にもカフェは多く存在したが、あくまで江戸下町的な盛り場であり続けた。大正末期から昭和にかけて劇場・映画館が松風町界隈に林立する。巴座、寿館、電気館、万歳館や寄席の演芸座などもあって娯楽街を形成した。
 昭和9年3月21日、住吉町から出た大火は大惨事となり「だいもん」は大きな試練に遭う。街はほぼ焼失。「おおもん」とともに崩落した遊廓は復興を急いだ。他方、借地・借家の多い一般の商店は大火後の地価の高騰や物資の統制もあり、バラック建築で再出発するケースが多かった。
 終戦後、遊廓はアメリカ軍にも利用された。昭和20年8月18日、日本政府内務省は「進駐軍関係特殊慰安施設の設営」を全国警察部長に指示し、大森遊廓の楼主もこれに応じた。昭和20年10月4日、アメリカ進駐軍の函館上陸を機に遊廓はアメリカ兵の慰安所となったのである。
 昭和21年1月、マッカーサー司令部の「日本における公娼の廃止に関する覚書」により公娼制度は廃止されたが、逆に「私娼」「売女」が街にあふれた。「だいもん」の表通りは普通の商店街、ネオン街であったが、その周縁の大森町〜若松町裏通りは「赤線地帯」となり、売春が容認された。
 アメリカ兵は常時5000人ほどが函館に駐留していた。「アメリカ」と「パンパン」(街娼)で街はよどむ。女性の人権という立場から公娼制度はなくなったものの、皮肉にもアメリカ軍の進駐で私娼、街娼が増えた。性病がはやり「だいもん」はあぶない場所になった。
 敗戦は街をカオスに導く。街路に立ちつくす傷痍軍人、ヤミ物資をはこぶカツギ屋、そして闇市に群がる人々。「テキヤ」(的屋)「ヤシ」(香具師)「ヤクザ」(暴力団)によるいかがわしい商売。「チョーセン」(朝鮮人)「ロスケ」(ロシア人)、「ホイト(ド)」(乞食)「ツンボ」(聾唖者)など差別語が平気で飛び交っていた。
 人生はいろいろだ。「だいもん」にはいろいろな過去や境遇、いろいろな悲しみや修羅を背負った人間が集まる。被差別者もふつうの市民であり、戦争や災害などによりたまたまそうなったにすぎない。「だいもん」で出会う人々は傷も付けあうが、ともに泣くことができた。子供や若者は人をあやめることを戒められた。

 進駐軍が函館を去ると遊廓は衰退していく。昭和32年4月、売春禁止法が成立し、赤線の廃止とともに遊廓も営業停止となる。遊廓は取り壊され、旅館、飲み屋、間貸屋などに転じた。これにより、享和3年に箱館奉行によって渡世茶屋の営業が許されてから昭和33年の遊廓解体まで155年続いた花街は消える。
 大門的風景の誕生から遊廓の消滅まで一気に書き綴ったが、タウン誌の創刊号『函館百点)が発刊された昭和37年(1962年)ころには、花街の面影はすでに消え、その記憶も急速に薄れていったのではないか。街は「高度成長」「北洋景気」によって熱気を帯びていく。「(昭和40年)当時、大門界隈にはキャバレーからおでん屋まで600軒の店がひしめいていた」という(『松風町史』)。その「ひしめき」のなかで「だいもん」は昭和下町的な賑わいの文化を一気に発酵させたのである。

いま駅前・大門地区を歩いてみる。昼間の大門は穏やかで、花街の情念や昭和の興宴の熱気を鎮めているようにも映る。夜になると、バブルの崩壊で生じた空地や空家が居酒屋の明かりの背後で陰影のような表情をみせる。それがかえってこの街の味や物語性を感じさせるのだ。いまは居酒屋も増えて、方々の酒場の明かりが、いい感じのオーラを放っている。
 大門はあたたかい街である。店舗や経営者の入れ替わりはあるが、この街の包容力、人情、気取らない庶民性は歴史が培ったものだ。また、街を束ねる商店街の人々の連帯性と高いマネジメント力は、一〇〇年以上も続いている大門の伝統といえるだろう(写真を参照)。
 夏になると大門では港祭りなど多様なイベントが開かれ、市民の祝祭空間となる。その風景をみると、大門は世代を超えて市民や旅人が集い、その心が共振しあう場所であることを知る。新しい大門はそこに潜む物語性、歴史性をふまえながら、より洗練された街として再構成する必要があるだろう。それを創造する主体は、いうまでもなく市民である。

(出所:『わが街 はこだてタウン誌50年』2013年6月 タウン誌編集室)

丸南本店TOP